So-net無料ブログ作成

杉戸天然温泉「雅楽の湯」 (うたのゆ) [温泉]

20120811utanoyu.jpg

 久し振りの、温泉めぐりです。杉戸天然温泉「雅楽の湯」 (うたのゆ)に行ってきました。

今年の4月に新規オープンした施設で、同じ埼玉県にある有名な清河寺温泉の姉妹施設(同じ企業の経営)らしいです。

場所は、埼玉県北葛飾郡杉戸町というところで、多分なじみのない地名かと思います。東武伊勢崎線東武動物公園駅が最寄り駅となります。

都内から車だと、4号線バイバス経由、16号、旧4号というところでしょうか。場所的には、近隣のかたでないと、行きにくいですね。それでも、近くまでくれば、看板が立っていますので、案内に沿って行けば到着します。4号線はいつも渋滞しているので、都内北部から1時間30分ぐらいかかると思います。

施設は、新築ですので、とてもきれいでそこそこ広いです。入館料は、タオル、館内着込みで平日980円、土日祝日1080円です。セット価格のみで、短時間の立ち寄りの人には、ちょっと高いかと思います。この近辺は、日帰り施設の激戦区なので、セットなしの価格設定も必要かと思います。

脱衣場は、可もなく不可もなくです。湯船ですが、内湯、露天ともにバラエティに富んでいます。源泉の浴槽だけでなく、炭酸泉、気泡のシルク風呂などがあります。源泉ですが、ナトリウム塩化物泉、黄色の濁り湯で、しょっぱいです。

泉温が46度とのことで、掲示をみると、加温なし、加水なし、塩素消毒なしとなっていました。冬には、よくあたたまる泉質かと思います。この近辺の施設と同じ泉質ですね。 特筆することはありません。ちなみに、入浴日では、源泉38度、炭酸泉浴槽、ならびにシルク風呂は36度でした。

露天はそれなりに広く、開放感ありますが、他の施設と比べても同等というところでしょうか。

土日でもあまり混雑はしていないようです。このあたりは、前述のとおり、日帰り施設の激戦区なので、やはり、価格がネックになっているかと思います。施設の特徴も、他と比べてインパクトがあるほどの良い点は見受けられません。他より劣っているわけではありません。

新しく、お湯もそれなりなので、価格設定を見直せば(セットなし価格を設定)、近くの方は、来られるかと思います。 遠方の方は、一度訪れてみるのは良いかもしれません。気に入ればリピターになれば良いです。個人的には、清河寺温泉のほうが、泉質がよいので、そちらをお奨めします。

価格的に安く、同等の施設が多いので、差別化のための施設のグレードアップ(食堂の充実とか、おいしい名物料理だすとか)をはかれば、良いかと思いますが。。。

 

 

 


 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます