So-net無料ブログ作成

iPhoneバッテリーの減りが早い [iPhone]

 110205iPhone.jpg

 iPhone4に変えてから、バッテリーの持ちが著しく悪くなりました。

購入翌日、iPhone3の時と同じ様な使用方法で、帰宅後確認するとなんと残量30%でした。

そこで、位置情報Off、Mailの取得をPushから手動に変更。一日使用で、バッテリー残量50%

さらに、WifiをOffにしたところ、同様に、一日使用で、残量70%に。どうやらWifi機能を使わないのは、結構効くようです。

機能をOffすることにより、バッテリーの駆動時間は少し延びるようだが、必要な機能が使えないのであれば、これって、本末転倒ですね。

iPhoneのよいところは、いつでもどこでも、インターネット接続や、アプリが使えることではないでしょうか?それらの機能を殺してしまっては、iPhoneの意味がないですね。

バッテリーの持ちの悪さは、致命的かと思います。いずれ、Android端末に駆逐されるかもしれません。アップルには、大至急バッテリーの設計の見直し、改善をお願いします。iPhoneを使いたおしても、数日はバッテリーが持てば良いのですが。。。

Apple自体HPで、駆動時間を延ばすには、少しの配慮が必要(設定の最適化)といってますが、必要な機能を殺し、駆動時間を延ばすのは、単なるメーカの詭弁としか思えません。

APPLEのバッテリーに関するHPはこちら→

http://www.apple.com/jp/batteries/iphone.html

 

 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

フナさん

WiFiを使うとPCでもバッテリーの減りは早いですね。
IP phoneでもWifiを使うものは1日持つかも持たないような感じでしたね。
難しいことですね。
by フナさん (2011-02-10 22:47) 

Jean

Wifi、位置情報、Mail Push機能あたりをOnにして、通常に音楽聴いたり、Internet接続、メール送信を使用したとしても、最低、2~3日ぐらいは、バッテリーが持つぐらいでないと、実用的とは、言えないかと思います。今後の早急なる改善を切に望みます。
by Jean (2011-02-27 22:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます